こんなとき地震が起きたら…

家にいるとき・学校にいるとき・外で遊んでいるとき・・・。
地震がおきたらどうしたらいいのでしょう?

屋内にいたら…

家の中

  • テーブル下や、押入れ・トイレ・風呂場など柱が多く物が多く置いていないところへ避難し、身を守りましょう。 余裕がなければ、手近にある座布団や枕などで頭を保護しましょう。
  • 外へ逃げるときはあわてずに。瓦やガラスなどの落下物に注意しましょう。
  • 避難口を確保しましょう。建物の「ゆがみ」で戸が開かなくなることがあります。特に団地やマンションなど 中高層住宅では逃げ口を失い危険です。
  • 二階にいたら階下に降りない。一階より二階の方が安全です。
  • 裸足で歩き回らないようにしましょう。 地震の後はガラスの破片などが散乱しています。裸足で歩くと怪我をします。必ず靴などを履きましょう。
  • 大きな揺れがおさまったら速やかに火の始末をしましょう。 ブレーカーやガスの元栓の処置も忘れずに。
  • 乳幼児や病人、お年寄りの安全を確保しましょう。

ビルの中

  • 座布団などで頭を保護し、急いで机の下などに逃げましょう。
  • 本棚などの転倒に注意。物が置いていない廊下に避難しましょう。
  • 逃げるときは落下物に十分に注意しましょう。

スーパーやデパート

  • カバンなどで頭を保護し、倒れやすいショーケースからは離れましょう。
  • 近くの丈夫な机などの下にもぐり込むか、柱や壁際などに身を寄せましょう。
  • あわてて出口に殺到しないで、係員の指示に従いましょう。避難は階段からしましょう。
  • エレベーターが止まったら、中にある連絡電話を使って救出を待ちましょう。

地下駐車場

  • 壁面や太い柱に身を寄せ、係員の指示に従いましょう。
  • 停電になっても非常用照明灯がすぐつくので、おちついて行動しましょう。
  • 火災が発生したときには、ハンカチやタオルで鼻と口を覆い、体をかがめて、はうようにして壁づたいに逃げます。 煙の流れる方向へ逃げましょう。

劇場やホール

  • 椅子の間にしゃがみ込み、カバンなどで頭を保護しましょう。
  • あわてて出口に殺到しないで、係員の指示に従い避難しましょう。

屋外にいたら…

住宅街

  • ブロック塀や石塀がくずれ落ちます。電線も切れるので近寄らないようにしましょう。
  • 窓ガラスの破片や、屋根瓦などが落ちてくることがあります。広場のような場所へ避難しましょう。

商店街・ビル街

  • その場に立ち止まらず、頭をカバンなどで保護して近くの空き地などへ避難しましょう。 ガラスの破片・看板・タイルなどの落下物から身を守りましょう。
  • 自動販売機、ブロック塀のそば、ビルの壁際などへは決して避難しないことです。
  • 垂れ下がった電線には近づかないようにしましょう。

ガケ付近

  • ガケを背にした家屋では、なるべくガケから離れた部屋を生活の中心にしましょう。

乗り物に乗っていたら…

車を運転中

  • 地震を感じたら、速度を落とし、道路の左側に寄りエンジンを切ります。
  • 揺れが収まるまでは車外に出ず、地震情報をラジオで確認しましょう。
  • 車から離れるときは、キーを付けたままにします。ドアロックもしないようにしましょう。

電車や地下鉄の車内

  • 急停車することがあるので、つり革や手すりにしっかりつかまりましょう。
  • 途中で止まっても、非常コックを開けて勝手に車外に出たり、窓から飛び出さないようにしましょう。
  • 乗務員のアナウンスに従って落ち着いた行動を取りましょう。

安否確認方法

公衆電話災害伝言ダイヤル

  • 伝言を入れる

    171-1(○○○)○○○-○○○

  • 伝言を聞く

    171-2(○○○)○○○-○○○

  • 携帯電話NTT iモードによる伝言もあります。
Copyright(c) 2005-2013 山梨県立防災安全センター All Rights Reserved.